つくば市移住体験バスツアー「筑波山麓サイクリング体験」を行いました!

10月15日(日)、つくば市シティープロモーション室主催の「つくば市移住体験バスツアー」が開催されました。

 

このツアーは、つくばに住んでみたい、関心があるという、主に都内在住の20代〜40代の子育て世代の方に、実際につくばの魅力を体験してもらおうというもので、先週開催された、六斗の森での農業体験に引き続き、今回は、筑波山麓を自転車で巡りながら、その魅力に触れていただこうと企画されました。

今回の参加者は、都内や県南地区にお住いの20名とマスコミ関係者、行政関係者、チーム36メンバー合わせて、総勢約50名!

午前中に筑波山麓サイクリング、六所のかやぶき小屋にて、ふくれみかんのポン酢作りワークショップ、かまどご飯と旬の食材を使った里山ご飯の昼食、筑波山麓の湧き水で淹れたカフェポステンのコーヒーと櫻井菓子店のあんドーナツをいただきながらの移住者懇談会、街並み見学、移住相談会。。。と内容、盛りだくさん!

しかし!!!残念なことに、当日の天気は雨。。。
この日のために、入念な打ち合わせを重ね、コースの下見をし、移住希望者に喜んでいただけるように準備をしていただけに、なんとか実施の方向で検討したのですが、雨天時の走行には危険も伴うため、サイクリングはやむなく中止としました。

私たちチーム36メンバーも、サイクリングが中止となってしまったことに落胆しましたが、「また筑波山麓に遊びに来たい、次はサイクリングをしてみたい!」と参加者に思っていただけるように、「最高のおもてなしをしよう!!」と、気持ちを切り替え、参加者を迎える準備に入りました。

今回の一番の目玉は、旬の食材を生かした里山ご飯!

料理人Hさんが心を込めて作ってくれた料理が運び込まれるたびに、「美味しそう〜!」の歓声があがります!

彩りも鮮やかな、旬の食材を使った里山料理。

サイクリングのあとは、きっとお腹が空くから、とにかくお腹いっぱい食べていただきたい!
そんな思いで、ボリュームたっぷりのおかずを用意してくれました。

さらに、写真はないのですが、豚肉の味噌漬け焼き、カレー、豆腐の煮物、サラダ、汁物、漬物、デザート。。。など、品数もボリュームも盛りだくさん!

かまどからは、ご飯の炊ける美味しそうな匂いが漂います。

さらに、懇談会の会場となる場所に、野花をあしらうなど、少しでも秋の里山を感じていただける工夫をしながら、参加者の到着を待ちました。

ほぼ定刻通りに参加者が到着!
かまどご飯を炊いてくれていた、里山研究所の居島さんに六所のかやぶき小屋について説明をしてもらいました。

続いて、ふくれみかんのポン酢作りワークショップを行いました。

ふくれみかんの絞り汁と醤油、みりん、お酢などの材料を好みの味になるようにブレンドしていきます。

ワークショップのあとは、お待ちかねの里山ご飯!
好きなおかずを自由に取り分けるビュッフェスタイル。

ボリュームたっぷりの里山ご飯に参加者も大満足の様子でした!

移住専門誌「TURNS」さんも取材にきてくださいました!

昼食のあとは、つくばへの移住者を交えての懇談会。
つくばに移住したきっかけ、移住してよかったことなど、参加者からの質問も交えながら、様々なテーマについて懇談しました。

こうして、約2時間という短い時間でしたが、つくばへの移住希望のみなさまとの楽しい時間を過ごすことができました。
本当は、一緒にサイクリングをしたり、もっといろいろお話をしたかったのですが、楽しい時間はあっという間に過ぎ、お見送りの時刻となりました。

かやぶき小屋から、参加者を乗せたバスを、みんなで手を振りながら見送りました。

今回は、残念な天気となってしまいましたが、また晴れた日に皆様と筑波山麓でお会いできるのを楽しみにしています!
ぜひぜひ、遊びにきてくださいね♪
スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしています!!

そして最後になりましたが、つくば市シティープロモーション室のみなさま、近畿日本ツーリストのみなさま、本当にお世話になりました。
このような機会をいただけたこと、とても嬉しく思っております。
本当にありがとうございました!